金型でアルミ加工やプラスチック成形しよう~モノメイキング~

男性

全ての加工の依頼

女性

製品製造業では分担わけをしている傾向があります。設計を行う業者がいれば加工を行う業者もいますし、販売を行う業者もいるでしょう。勿論、自社で全ての工程を行なっている場合も多いですが、分担わけをすることで非常に効率的な生産をすることが期待できます。実際にプラスチック製品製造業界では、設計を行う業者と成形加工を行なう業者、さらに販売を行う業者という形で分担が決まっていて、特に成形加工を行なう業者は効率化に向けて全ての作業を一括管理して行なうというオールインワン製造を行なっています。まずプラスチック製造では金型の製造を行なう必要があり、この金型の製造は非常に難しい製造になります。金型を使用して成形加工を行なうため、基本的には金型の質が良ければ良い製品が作ることができ、質が悪ければ良い製品を作ることは出来なくなります。金型は製品の質を大きく分けるものであり、金型を高レベルで製造することが出来る業者に依頼することも大切になるでしょう。金型が出来上がると実際にプロトタイプの製造に入ります。実際に成形加工作業を行い、出来上がった製造品をチェックして仕様書と差が無いか詳細にチェックされていきます。ここで問題があれば金型を再度作る必要が出てきますが、問題がなければそのまま大量生産のラインに移ります。大量生産のやり方はたくさんありますが、金型の場合は溶かしたプラスチック材料を流し込み成形加工していくという手段が取られていきます。ダイキャスト方法で高圧で充填する場合もあれば、通常の圧力で充填していく場合もあるでしょう。あとは冷やしていけば製品の完成となり、この後はバリ取りや塗装、さらに電子部品などを取り付ける工程に移ります。プラスチックで筐体を創りだすまででもこれだけの工程が必要で、効率化して生産することは非常に重要になってきます。特に期日までに生産量が決まっている場合はより効率化する必要があり、金型製造の部分で失敗するような状況は避ける必要があります。オールインワン製造が出来る製造業者は非常に技術が高く、内部統制がとれているという場所とも言えます。オールインワン製造は効率化でき、大量生産では無くてはならないものですが、同時に複雑な工程を踏む必要も出てきます。そのため、こういった複雑な工程をこなすことが出来る業者はレベルが高いといえるでしょう。